はじめてのお客様に選んでいただける理由は? 騙されないで!業界の真実

料金について

工事内容から探す

お客様の声と施工例

塗料について

ご依頼からの流れ

お役立ちコンテンツ

品質保証について

ブログ

定期点検予約申し込みフォーム

無料見積りお問合せはこちら

カラーシミュレーション

新着情報

市川塗装について

■本社
本社
〒410-0932
静岡県沼津市東熊堂441-2
TEL:055-926-7501

■御殿場事業所
御殿場事業所
〒412-0008
静岡県御殿場市印野1383-78
TEL:0550-88-0200

建設業の許可票

施工エリア

施工エリア

沼津市 三島市 裾野市 御殿場市 富士市 富士宮市 清水町 長泉町 函南町 小山町 その他

協力業者募集

日本住宅保証検査機構

ボランティア塗装の対象物件を募集

日本外壁塗装マイスターズ

当サイトについて

HOME > 塗装用語集
塗装用語集
  • あ行
  • か行
  • さ行
  • た行
  • な行
  • は行
  • ま行
  • や行
  • ら行

アクリル樹脂塗料 (あくりるじゅしとりょう)

塗料の主成分である合成樹脂がアクリル系の塗料。

上げ裏、軒天、軒裏 (あげうら、のきてん、のきうら)

軒先の天井部分のように、上方に設けられたもので、下から見える部分。

足場 (あしば)

工事を行う場合の仮設作業床、作業員の通路などの目的で構成された仮設物。

ウレタン樹脂塗料 (うれたんじゅしとりょう)

塗料の主成分である合成樹脂がウレタン系の塗料。正式名称はポリウレタン樹脂塗料。

ALC (えーえるしー)

オートクレープ(高温高圧蒸気)養生して作った気泡コンクリート。軽量で断熱性、耐火性に優れ、内外壁、屋根、床などに使用される。

エフロレッセンス (えふろれっせんす)

石材やコンクリートなどの表面にできる白い結晶のこと。白華、鼻たん、擬花ともいう。

縁切り (えんきり)

縁切りとは、屋根材の重なり部分で塗料のたまった切片の部分をカッターなどで余分な塗料を取り除くこと。放置しておくと漏水の原因になる可能性がある。

笠木 (かさぎ)

塀や手摺り、パラペットなどの頂部をおおっているコンクリート。
モルタル製、材木製、金属製、石製などの笠状の部分。

がらり

羽板を取り付けた窓の一種。。固定式と開閉式があり、直射日光や雨の浸入を防ぎ、同時に通風換気を目的とする。

含水率 (がんすいりつ)

材料に含まれる水分の、その材料の絶乾重量に対する百分率。

クラック【ひび割れ】 (くらっく ひびわれ)

乾湿または温度変化によって起こる割れ目。割れが底部にまで達しているものをクラック、表面または中層でとどまっているものをヘヤクラックと区別する。

希釈率 (きしゃくりつ)

シンナーまたは水を加えて塗料を薄める割合のこと。多くの塗料は適度に薄めて塗るように作られており,薄め過ぎも濃過ぎも仕上りに悪影響が及ぶ。

ケレン (けれん)

塗装工事では、さび落としや旧塗膜の除去など下地調整することをいう。

高圧洗浄 (こうあうせんじょう)

高圧水発生装置で加圧された高圧水を、ノズルから噴射した時の衝撃力を利用するのが高圧洗浄です。塗り替え塗装の下地調整において、劣化膜の軽度のケレンや付着汚れの洗浄に応用されている。

下地処理 (したじしょり)

素地の補修などで、塗装の出来るようにする作業。

下地調整 (したじちょうせい)

下地の乾燥、汚れ、付着物の除去、穴埋め、吸い込み止めやアルカリ止めなどのためにシーラーを塗るなど、施工に適するよう下地をあらかじめ整えることをいう。

下地補修 (したじほしゅう)

施工するに当たり、素地面の補修工事で、凸凹や亀裂、欠損、目違い、ピンポールや豆板などを削ったり、埋めたりする作業。

シックハウス (しっくはうす)

近年、室内空気汚染、シックハウス症候群、化学物質過敏症など、いろいろな名称で言われるが、居住者が、建物が原因でのめまい、吐き気、頭痛、平衡感覚の失調や呼吸器疾患などいろいろな症状、体の不調を感じる事が大きな問題となっている。

シリコン樹脂塗料 (しりこんじゅしとりょう)

塗料の主成分である合成樹脂がシリコン系の塗料。
正式名称はアクリルシリコン樹脂塗料。

シーラー (しーらー)

施工において下地への吸い込み防止、耐アルカリ性、密着性向上などを目的とした下塗り塗料。

シーリング (しーりんぐ)

外壁や開口部(窓・ドアなど)まわりの目地などの隙間に、風雨による雨水などの浸透を避けるために、防水を主な目的として充填すること。

弱溶剤 (じゃくようざい)

明確な定義はなく、脂肪族炭化水素系有機溶剤(ミネラルスピリット等)を主成分とする混合溶剤。一般的に臭気がマイルドで人体への有害性は小さい。塗料シンナーで希釈するタイプの溶剤。

装飾性仕上塗材 (そうしょくせいしあげとざい)

吹付け・コテ塗り・ローラー塗りなど、様々な塗装方法による模様付けが可能な塗料。

素地調整 (そじちょうせい)

素地面を清掃し、塗装した塗膜の付着性、仕上がり性を良好にするために行う塗装の最初の工程です。

だめ、だめひろい

だめとは、わずかに残った未完成部分のこと。だめひろいとは、未完成な施工箇所を、完全に仕上げてゆくこと。

単層 (たんそう)

中塗り・上塗りまたは上塗りのみの工程のうち、同一材質で仕上げた塗膜。

チョーキング【白亜化】 (ちょーきんぐ はくあかん)

紫外線や降雨の影響で塗膜表面が劣化し、次第に粉状になる現象。

中塗り (なかぬり)

下塗りや上塗りに対する言葉で、両方の間に行う塗装のこと。中塗り用塗料は、決まったものはないですが、一般的に上塗り塗料を使います。

2液塗料 (えきとりょう)

主剤と硬化剤が別の缶に入っていて、使用直前に混合して使う塗料のこと。主剤と硬化剤の混合割合は、塗料によってことなります。

パテ (ぱて)

穴、ひび、段差など素地を修整するための材料。

鼻かくし (はなかくし)

軒先で、たる木の端をかくすために取り付けられた横板。

巾木 (はばき)

壁の一番下の床につく部分に取付ける横木のこと。壁面底部の損傷を防ぐ。

破風 (はふ)

日本建築で屋根の妻壁側についている合掌型の装飾板。また、その破風板のついているところ。

光触媒 (ひかりしょくばい)

光触媒とは、雨により汚れを洗い流す「セルフクリーニング」効果、車の排気ガスや工場の排煙に含まれる有害物質を分解する環境保護効果、室内温度の上昇を抑える省エネ効果など、優れた機能を持った塗料です。

フィラー (ふぃらー)

目止めという意味です。駆体の細かいひび割れを埋めたり、表層を平滑にします。

吹付け塗装 (ふきつけとそう)

塗料を霧状にして吹き付ける塗装法。

複層 (ふくそう)

下塗り、中塗り、上塗りと組成の異なった塗料を塗り重ねて仕上げた塗膜。

膨れ (ふくれ)

塗膜に泡が生成する現象。水分・揮発成分・溶剤を含む面に塗料を塗ったとき、又は塗膜形成後に、下層面にガス、蒸気、水分などが発生、浸入したときなどに起こる。

フッ素樹脂塗料 (ふっそじゅしとりょう)

塗料の主成分である合成樹脂がフッ素系の塗料。

VOC【揮発性有機化合物】 (ぶいおーしー はっきせいゆうきかごうぶつ)

Volatile Organic Compoundsの略。常温で揮発しやすい有機化合物のこと(揮発性有機化合物)。塗料には、シンナーや添加剤などとして含まれる。水性系の塗料でも凍結防止剤や樹脂の造膜助剤として一般に使用されています。

プライマー (ぶらいまー)

下塗りに用いる塗料の総称で、主に金属に用いるものが多い。

ヘヤークラック (へやーくらっく)

コンクリート、モルタル塗装面に生じ、最深部に達しない細かいひび割れのこと。

ホルムアルデヒド (ほるむあるでひど)
ホルムアルデヒド放散等級 (ほるむあるでひどほうさんとうきゅう)

ホルムアルデヒドは刺激臭の強い無色の化学物質で、室温では気体として存在します。殺菌作用があり、防腐剤、合板などの接着剤の原料、繊維の縮み防止加工剤など幅広い用途に用いられている物質です。
ホルムアルデヒド放散等級は☆印とその数で規定されています。
F☆☆☆☆はホルムアルデヒド放散が殆ど無い材料に表示される最高等級の記号です。

水切り (みずきり)

雨水が壁面に伝わるのを防ぐため、窓台石、蛇腹などの下面に設ける小溝。

目地 (めじ)

サイディングやブロック造りなどのつなぎ目。

ゆず肌 (ゆずはだ)

塗面にユズの実の表面のような凹凸がある事。

養生 (ようじょう)

塗装部分と隣り合う窓・ドア部分から周辺の植木まで、塗らないところに塗料が付着しないよう飛散防止のビニールをかぶせることをいいます。

ローラー塗装 (ろーらーとそう)

ローラーブラシに材料を含ませて、これを施工面に転がしてその転圧により付着させる工法。

ご不明点・お問い合わせお電話でどうぞ
0120-158-553
受付時間:8時〜20時/土・日・祝も受付
塗装用語集|外壁塗装、塗り替えの市川塗装