はじめてのお客様に選んでいただける理由は? 騙されないで!業界の真実

料金について

工事内容から探す

お客様の声と施工例

塗料について

ご依頼からの流れ

お役立ちコンテンツ

品質保証について

ブログ

定期点検予約申し込みフォーム

無料見積りお問合せはこちら

カラーシミュレーション

新着情報

市川塗装について

■本社
本社
〒410-0932
静岡県沼津市東熊堂441-2
TEL:055-926-7501

■御殿場事業所
御殿場事業所
〒412-0008
静岡県御殿場市印野1383-78
TEL:0550-88-0200

建設業の許可票

施工エリア

施工エリア

沼津市 三島市 裾野市 御殿場市 富士市 富士宮市 清水町 長泉町 函南町 小山町 その他

協力業者募集

日本住宅保証検査機構

ボランティア塗装の対象物件を募集

日本外壁塗装マイスターズ

当サイトについて

HOME > 騙されないで!業界の真実
騙されないで!業界の真実
  1. 増加する住宅リフォーム工事のトラブル
  2. こんなチラシやWEB広告を見たことありませんか?
  3. 実は下地処理、補修など必要不可欠な工事代が含まれていない!
  4. パック料金「〇坪いくら」は当てにならない!
  5. 低機能で一番安い塗料で計算されている!
  6. 塗る回数をアピールする業者も要注意です!
  7. 誤った塗装面積はトラブルの始まり!
  8. まずは、正しい自宅のu数を知りましょう。

増加する住宅リフォーム工事のトラブル

国民生活センターには、毎年10,000件超える住宅リフォームの相談が寄せられています。
わざわざ国民生活センターに相談などしないケースや泣き寝入りなどを加味すると、実際のところの被害件数は何倍もある可能性があります。

相談事例

  • 工事後すぐに塗装が剥がれた
  • 補修を頼もうと業者に連絡したが対応してくれない
  • 契約内容とちがう工事をされた
  • 仕上がりのイメージが全然違う
  • 工事完了後に追加費用を請求された
  • いろんなところに塗料が付着してしまった
  • 隣の車に塗料が飛散してしまった

トラブルのうち屋根・外壁が約5割

トラブルのうち屋根・外壁が約5割
国土交通省 所管、公益財団法人「住宅リフォーム・紛争処理支援センター」発表
「住宅相談と紛争処理の状況」より

こんなチラシやWEB広告を見たことありませんか?

こんなチラシやWEB広告を見たことありませんか?
※実際のチラシとは関係ございません。

明朗会計で安くすむから安心?


いいえ、騙されてはいけません!

実は「一律59.8万円」には、施工が不十分だったり、実際の工事価格が59.8万円では済まないケースが多いのです。

実は下地処理、補修など必要不可欠な工事代が含まれていない!

10年以上経過したお住まいには何かしらの補修すべき箇所があります。
もし、補修しないで工事をすれば、早ければ2〜3年で塗装が剥がれてしまいます。

これでは何のために塗装したかわかりません。

パック料金「〇坪いくら」は当てにならない!

uではなく坪数計算で見積もりを出している業者もありますが、坪数では正確な外壁面積は出せないので要注意です。
下記の例をみてください。Aが30坪の建物、Bが40坪の建物です。
AとBの建物は外周が8辺と同じ長さとなり、高さが同じであれば、外壁面積や足場面積は同じになります。
仮に業者の広告が、30坪は60万円、40坪は80万円だったとします。

そうすると、Bの40坪の人は、Aの人と同じ外壁面積にもかかわらず、20万円も多く支払うことになり、ものすごく損をします。


※建物を真上から見た図

また、同じ大きさの建物でも窓の数や大きさによって塗る部分が多かったり少なかったりするので、結果として外壁面積は異なる場合が多いです。
従って、よくチラシや広告で目にする「坪いくら」というのは、ほとんど当てになりません。

坪数いくらではなく、しっかりとu数で正しい面積を算出してもらいましょう。

低機能で一番安い塗料で計算されている!

低価格の定額パックの場合、多くはシリコン塗料と限定されるケースがほとんどですが、実はこの塗料、現在ある中ではもっとも低価格な塗料であり、最近ではほとんど選ばれない塗料なのです。

近年は耐久性の良い塗料が続々と開発されています。外壁塗装のニーズも、質と価格を見極める「価値志向」へシフトしています。
安価な塗料で頻繁に塗装するより、少々高くても長持ちする塗料を希望されるお客様が圧倒的に多いです。
そうした背景から、「シリコン塗料」は、あまり選ばれない塗料になってきました。

ちなみに下記の円グラフは、市川塗装で使用している塗料の割合です。シリコン塗料は一番ニーズの低い塗料であるとおわかりいただけると思います。

塗る回数をアピールする業者も要注意です!

「うちは4回塗りなので長持ちしますよ」よくある営業トークです。
確かに、塗る回数が多い方が丁寧な業者に見えますね。
しかし、どの塗料でもu数によって塗布量が厳密に決まっています。
薄すぎても厚すぎても塗料の性能を低下させてしまうのです。

塗装仕様書

この厚さを守らずに、1回に塗る塗料の量を少なくして、薄く塗って4回塗りをアピールする悪徳業者が増えてきています。

薄塗り4回は厚塗り1回と同じ!

薄く塗り重ねて「3回塗り」

しっかり塗って「4回塗り」

誤った塗装面積はトラブルの始まり!

自宅の屋根・外壁のu数、ご存知ですか?

残念ながらあなたの持っている建築図面には屋根、外壁のu数は載っていません。
載っているのは寸法、間取りのみ。
そしてこの業界 3社見積りを取れば3社とも見積書のu数が違うのです。

同じ建物なのにu数が違うのは
おかしいと思いませんか?


ズバリ、いいかげんなのです!

例えば、下記のような価格帯の3種類の見積書があったとします。

業者選びの基準はu数です!

もし、あなたのお住まいの正しい外壁面積が130uだったとしたら、3社のうちどの業者が最も信頼できそうな業者だと感じますか?

多すぎれば見積もり金額が高く、少なすぎれば使う塗料が足らず、薄塗りになり

多すぎ
少なすぎ

結果、塗装後すぐ剥がれた、
色あせた等のトラブルに!

塗装後すぐ剥がれた
塗装後すぐ剥がれた

色あせた
色あせた

だから正確なu数を知ることが
最も重要なのです!

まずは、正しい自宅のu数を知りましょう。

市川塗装では、図面を基に、積算ソフトを利用して「正確なu数」を算出しています。
計算や集計はシステムで自動化し、正確性を向上させています。
開口部を除外して、凹凸部や図面に記載されていない細かい部分も精度を上げて計測することができます。
面積の誤差は外壁面積153u当たり、わずか1u以内。99.34%の正確性を発揮します。

屋根塗装・外壁塗装をお考えなら相見積もりの1社に当社を加えてください。

当社の見積書を入手すれば「 正確なu数 」を
知ることができます。

ご自宅の正確な塗装面積を知りたい方はこちら

市川塗装は職人の会社です。営業マンはおりません。
見積り提出後、電話や訪問などは一切行っておりませんので、お気軽にお問い合わせ下さい。

ご不明点・お問い合わせお電話でどうぞ
0120-158-553
受付時間:8時〜20時/土・日・祝も受付
騙されないで!業界の真実|外壁塗装、塗り替えの市川塗装