HOME > ブログ > 沼津市岡一色 > フッ素塗料を採用する理由やそのメリットについて解説
市川塗装のブログ
update: 2018/12/10

沼津市岡一色 フッ素塗料を採用する理由やそのメリットについて解説

Pocket

フッ素塗料を採用する理由やそのメリットについて解説

耐久性の高いフッ素塗料は、親水性や防水性にも優れています。
しかし、価格が高いことから、一般住宅での採用はまだまだ少ないようです。フッ素塗料を採用したほうがいい屋根や外壁もあります。
ここでは、高性能なフッ素塗料について解説します。

フッ素塗料にはメリットがたくさんある

屋根塗装中塗り

フッ素塗料は耐久性の高い塗料です。
例えば、六本木ヒルズなどの高層建築物にも使用されているほどです。
そして、その耐久性の高さから費用が高くなっても、フッ素塗料を選ぶ人が増え、高層ビルだけではなく、一般住宅やマンションなどにも使用されるようになってきています。

フッ素塗料は、紫外線や雨風にも強く(耐候性)、15~20年近い耐久性があります。
他にも、耐熱性、親水性が高いことにより、低汚染性、耐汚染性にも優れています。
さらに防水性や防藻性、防カビ性にも優れているなど、他の塗料を圧倒する性能の高さを誇っています。

フッ素塗料を使用したほうがいい場合とは?

屋根塗装 ダークグレー

フッ素塗料には、多くのメリットがあるということがわかりました。
耐用年数が20年近くあることから、メンテナンス回数も少なくなり、長期的なランニングコストが安くなります。
そして、耐用年数が長いことから、塗装後の工事保証期間も長くなっているケースが多くなっています。

フッ素塗料は、一般住宅よりもビルや商業施設の建物でよく使用されています。
一般住宅では、太陽光や雨風の影響を受ける屋根にフッ素塗料を使用する事例が多く、屋根の劣化が早くなることを防いでくれます。

フッ素塗料使用の際の注意点やデメリット

シャッターボックス

フッ素塗料は、塗料の費用や施工費用が高額です。
一般的なシリコン塗料なら1平米あたり2200円~ですが、フッ素塗料になると1平米あたり3500円~となっています。

全ての塗装箇所にフッ素塗料を使用すると、塗装費用が高額になってしまい、簡単に予算全体をオーバーしてしまいます。
予算に合わせて使用部位を限定し、劣化しやすい箇所にだけフッ素塗料を使用します。
フッ素塗料は、ツヤが強いのでキラキラした外観を好まない方には不向きです。

また、建物の老朽化を防ぐ塗料ではありませんので、勘違いしないようにしてください。
古い建物で、建て替えの時期が迫っているのに、高寿命のフッ素塗料を使用する必要はありません。
残り寿命を考えたうえで、シリコン塗料などの低いグレードの塗料でも問題ない場合は、あえて高い費用をかけた塗り替えを行う必要はありません。

沼津市岡一色で外壁塗装・屋根塗装をお探しなら市川塗装
https://www.ichikawa-paint.com/

カレンダー

2018年12月
« 11月   1月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

カテゴリー