HOME > ブログ > 御殿場市塚原 > 結露はなぜ危険?結露を抑える塗料が有効
市川塗装のブログ
update: 2018/10/27

御殿場市塚原 結露はなぜ危険?結露を抑える塗料が有効

Pocket

結露はなぜ危険?結露を抑える塗料が有効

結露が発生しているのを見たことはありますか?
目に見える結露よりも、壁の内側の結露はもっと深刻です。
結露の発生を放置すると、室内がカビ臭くなったりして体にも悪影響を与えます。
今回は結露対策も含めて解説していきます。

結露はなぜよくないのか?


結露が発生すると、窓や壁の部分に水滴がつきます。
過剰な水分がつくと木材が腐食しやすくなります。
結露が発生する箇所は、窓や壁、ドアなどです。

水分が発生した後は、木材の下の部分や土台に染み込んでいき、建材などを傷めてしまいます。
フローリングも水に弱く、水分がつくと表面の膨れや剥がれが生じます。

壁紙に結露が付着すると、壁紙と下地の間の部分でカビが発生しやすくなります。壁紙にもカビが発生します。
お家の健康だけではなく、人の健康にも悪い影響を与えるので、結露はよくないとされています。

結露の発生原因


結露は、建築技術の進歩により、住宅の気密性が高くなったことによる新たな問題です。
昔の日本家屋は隙間もあり、防湿対策も施されていたので、室内と室外の気温差がそれほどありませんでした。

冬場、今の日本家屋で暖房をつけると暖房の効果は高くなりましたが、冬場でも湿った空気が多い日本の気候は、結露を発生させるようになりました。
結露は湿気があり、内側と外側とで激しい温度差があるところで発生します。

結露対策いろいろ

屋根カバー 沼津市松長

結露対策にもいろいろな方法があります。
壁内結露に関しては、壁紙をビニール方法に変える対策法があります。最も安い値段で対策可能です。

除湿器で湿気を除去することも忘れないようにしてください。
新しく家を建てる場合は、断熱材と壁の間に防湿シートを張ってください。湿気が壁を通りにくくなります。

断熱材にも壁内結露防止対策を施した製品が登場しています。
外部断熱という方法もあります。外壁の外側に断熱材を入れます。
外部断熱は費用が高額になることが多く、施工業者のスキルの差が大きく、効果が出るかどうかのリスクの高い結露対策です。

ノン結露タイプの塗料(ガイナノン結露タイプなど)が開発され、販売されています。
この塗料を塗ると、塗膜と室温の差が少なくなり、熱が移動しなくなります。こうして、結露の発生を抑えることができます。

キッチン、トイレ、タンスの裏、浴室周り、押入れの中など結露の発生しやすい箇所に塗装します。
結露の発生は従来製品の500~600分の1に抑えることができます。環境にも優しく、さまざまな材料にも塗装することができます。

御殿場市塚原で外壁塗装・屋根塗装をお探しなら市川塗装
https://www.ichikawa-paint.com/

カレンダー

2018年10月
« 9月   11月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

カテゴリー