HOME > ブログ > 裾野市呼子 > 塗料の種類、ラジカル塗料
市川塗装のブログ
update: 2018/10/05

裾野市呼子 塗料の種類、ラジカル塗料

Pocket

塗料の種類、ラジカル塗料

外壁塗装 長泉町

屋根や外壁の塗装で一般的に使われている塗料といえば、シリコン塗料です。
しかし、ラジカル塗料が登場し、積極的におすすめする塗装業者も増えています。
ラジカル塗料のメリットやシリコン塗料との違いについて解説します。

ラジカル塗料が人気急上昇中のなぜ?

外壁上塗り

塗料のグレードや性質について、業界以外の人が詳しいはずがありません。
最近登場し、おすすめされることも多くなったラジカル塗料。
まだよくわからない、という方は、少し慎重になり、ラジカル塗料のメリットやデメリットについて知っていくようにしましょう。

ラジカル塗料は、塗料の耐候性を向上させる「ラジカル制御」技術を応用した塗料です。
ラジカルは、樹脂や顔料の有機物を劣化させるエネルギーのことです。
ラジカルを発生させるには、塗料を調色するときに使う酸化チタンに、紫外線を当てる必要があります。

このラジカルは、塗料の塗膜に含まれる樹脂や顔料などを劣化させることがわかっています。
ここでラジカル制御型の酸化チタンを使うと、塗膜が劣化せず、チョーキング現象も起こりにくくなります。
ラジカル塗料は、このようなラジカル制御型の酸化チタンを使って、耐候性を向上させることに成功しています。

シリコン塗料との違い

外壁塗装 御殿場市

シリコン塗料は、従来の酸化チタンを使用しており、主原料にはシリコン樹脂を使用しています。
シリコン塗料にもラジカル制御型のタイプが存在します。

これは、シリコン塗料や無機フッ素塗料にも、従来の酸化チタンではなく、ラジカル制御型の酸化チタンを使うことで、ラジカルのシリコン塗料、ラジカルの無機フッ素塗料にできるという意味です。 ラジカル塗料は、通常のシリコン塗料に比べると、耐候性が高い性質を持っています。
そして、ラジカル制御型酸化チタンを使用しているために、ラジカル塗料は、通常のシリコン塗料よりも値段が高くなります。

ラジカル制御型の酸化チタンは、間違いなく高品質の顔料です。
製品数は少なくなっていますが、コストパフォーマンスを見るとラジカル塗料のほうが優れているといっていいでしょう。

ラジカル塗料を選ぶならおすすめの塗料


大手メーカーからも屋根用と外壁用のラジカル塗料(ラジカル制御型塗料)が販売されています。

屋根用では、日本ペイントのファインパーフェクトベスト、パーフェクトクーラーベスト、 アステックペイントジャパンの超低汚染リファイン500Si-IR、スーパーシャネツサーモSiが有名です。

外壁用では、日本ペイントのパーフェクトトップ、エスケー化研のプレミアムシリコン、関西ペイントのアレスダイナミックTOP、アステックペイントジャパンの超低汚染リファイン1000Si-IRなどがあります。

ラジカル塗料は、耐候性の他、水性・溶剤、遮熱性、低汚染性、防カビ性、色や艶などのさまざまなグレードやタイプを選ぶことができます。

裾野市呼子で外壁塗装・屋根塗装をお探しなら市川塗装
https://www.ichikawa-paint.com/

カレンダー

2018年10月
« 9月   11月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

カテゴリー