HOME > ブログ > 未分類 > 外壁塗装のセラミック塗装とは?
市川塗装のブログ
update: 2018/10/01

未分類 外壁塗装のセラミック塗装とは?

Pocket

外壁塗装のセラミック塗装とは?

外壁塗装でも「セラミック」を使った塗料をおすすめされることがあります。
なんとなく長持ちしそう、性能がよさそうというような軽い気持ちで選ぶと失敗します。

値段に見合った性能であり、今のお住まいの外壁塗装にマッチしているのかどうかをよく確認したうえで選ぶようにしてください。

セラミック塗料はどんな塗料


セラミックは、日本語でいうと陶磁器のことです。焼き物と言ってもいいでしょう。
セラミックの仲間には陶磁器やガラス、セメントなどがあります。

セラミック塗料には、こうした原料が塗料の成分として含まれています。
セラミックは、耐熱性が高く、紫外線にも強い素材です。
陶磁器を手に取ってみてもわかるように硬く、汚れにくい性質を持っています。

同じようにセラミックを配合したセラミック塗料を使うと、汚れが定着しにくくなります。
こうした機能のことを低汚染機能と呼んでいます。

あえてセラミック塗料を選ぶ理由とは?

基礎塗装

他の塗料ではなく、あえてセラミック塗料を選ぶ理由とはどのようなものでしょうか?
低汚染機能の他、含有量にもよりますが断熱や遮熱性能も高いということが大きな特徴です。

性能以外の面では、意匠性も高く、奥行きや立体感を作り出し、多くの色を使って天然石や砂石を表現することができます。
デザイン面でも質が向上し、思い通りの建物の外壁の印象に仕上げることができます。

セラミック塗料は、価格も耐久年数もバラバラです。その理由は、ベースとなる樹脂塗料の価格と耐久年数が基になっているからです。
セラミックを配合した塗料は、アクリル、ウレタン、シリコン、フッ素、無機など全ての塗料に存在するといってもいいでしょう。

セラミック塗料を正しく知ると業者の嘘もすぐわかる?

屋根塗装 診断

セラミック塗料における間違いを知っておきましょう。
セラミックはその塗料やグレードが存在するものではありません。添加剤として使用されています。

そして、セラミックは、高品質な塗料ではありません。
また、セラミックにはベースとなる塗料の性能以上の断熱性能はありません。
断熱性能は、使用するセラミックの含有量の多さやベース塗料の種類に大きく左右されます。
同じような意味で、セラミックが配合されたとしても、耐用年数には影響ありません。

このように、セラミック塗料は、高性能で高品質というだけで使用されているわけではありません。
ベースとなる塗料に、セラミックの機能が付加されるようなイメージです。
セラミック塗料になると、大幅に価格が高くなってしまう場合は、その根拠や価格相場についてもよく調べてから検討してみてください。

裾野市千福が丘で外壁塗装・屋根塗装をお探しなら市川塗装
https://www.ichikawa-paint.com/

カレンダー

2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

カテゴリー