HOME > ブログ > 裾野市伊豆島田 > タスペーサーで縁切りする雨漏り対策
市川塗装のブログ
update: 2018/09/19

裾野市伊豆島田 タスペーサーで縁切りする雨漏り対策

Pocket

タスペーサーで縁切りする雨漏り対策

タスペーサー設置

タスペーサーは、屋根の塗装時に必ずといって行う縁切り(えんきり)作業のときに使う部材のことです。
これまでは、タスペーサーではなく、カッターで縁切り作業を行っていました。
縁切り作業の重要性とタスペーサーについてのお話です。

スレート屋根の塗装には必ず行われる縁切り作業

屋根塗装 重ね部

縁切りは、タスペーサーという部材を使って行われます。
簡単にいうと、塗装した後にくっついた屋根と屋根の間に隙間を作る作業です。

スレート屋根の表面をよく見ると、わずなか段差があり、屋根と屋根の間には隙間が開いています。
屋根の塗装を行うと、塗料がこの隙間を埋めてしまいます。

縁切り作業を行わない屋根塗装業者もありますが、雨漏りの原因となりますので必ず縁切り作業を行います。

縁切り作業が必要な理由

屋根塗装前

屋根と屋根の隙間がなくなると、雨水が流れてきたときにその排出先がなくなってしまいます。
縁切りの効果が発揮されるのは、通常時ではなく、強風や台風などにより大雨が降ったときです。

スレート屋根の構造上、屋根材に下にも雨水が浸入しやすくなっています。
スレート屋根材には表面に溝があり、雨水が浸入しても排出できる仕組みになっています。

屋根塗装により、この溝を塞ぐと雨水が内部に溜まりやすくなります。
溝から雨水が出ていくことができずに、屋根の下地に残ってしまい、屋根材が腐食し、雨漏りの原因となってしまいます。

また、縁切りにより、隙間から空気や水分が逃げやすくなり、内部結露を防ぐことができます。
内部結露は、屋根材や断熱材などを腐食させる恐れがあります。
このため、縁切りは雨水の排出と同様の理由で結露対策にも有効です。

タスペーサーを使ったほうがいい理由とは?


縁切り作業は、カッターのような部材で行われる場合もありますが、カッターの刃で塗装表面を傷つけたりすることがあります。
塗装面を傷つけないように作業すると、何百枚もある縁切り作業がなかなか進まなくなってしまいます。

縁切り作業専用のタスペーサーを使うことで、安全にスピーディーに縁切り作業を終えることができます。
タスペーサーの使用法は簡単です。塗装の下塗りが終わった時点で屋根と屋根の隙間に差し込んでいきます。 後からカッターで隙間を作るのではなく、タスペーサーを挿入するだけですので時間の短縮にもなります。 一つの屋根材には二つのタスペーサーを使うことが基本です。

隙間が広い場合は、タスペーサーは不要です。
屋根材の反り具合によって、タスペーサーを使用しなくてもよい箇所があります。

裾野市伊豆島田で外壁塗装・屋根塗装をお探しなら市川塗装
http://www.ichikawa-paint.com/

カレンダー

2018年9月
« 8月   10月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

カテゴリー