HOME > ブログ > 三島市芙蓉台 > 色が人に与える印象について2
市川塗装のブログ
update: 2018/09/11

三島市芙蓉台 色が人に与える印象について2

Pocket

色が人に与える印象について2

色の心理的な効果は、ファッションやインテリアなどにも応用されています。
屋根や外壁の塗装でも色はとても重要です。

色の視覚効果や心理効果をうまく活用すると、外壁塗装においても外観が見違えるほど美しく、周囲にも調和した色になります。

外壁塗装でも暖色や寒色を使い分けることは基本的なことです。

進出色と後退色による奥行き感の演出、明るい高明度の色、重くて安定感のある低明度の色、大きく存在感を与える明るい膨張色や小さく見せる寒色系の色、地味で落ち着いた印象を与える彩度の低い色などがあります。

こうした色の心理的な効果を用いて外壁塗装工事を行っています。

特に周囲との色の調和には気を使う傾向にあり、バランスの取れた配色による外壁塗装が要求されています。
ただ、外壁塗装では、曇りの日や晴れた日などにより表面色の見え方が異なります。同じ色なのに、気候が異なる日に外壁表面を見ると、少し印象が違って見えます。

他に大気が汚れていても、見え方に違いが生まれるということも知っておきましょう。
ここでは、色が表すイメージの中でも季節を表す色について取り上げています。

春らしさを表現したいときの配色


春は、冬と夏の間にあり、少しずつ暖かくなる季節です。
桜の季節といってもよく、入学や卒業などの一年に一度の大きな節目を迎える季節です。

パステルカラーがおすすめです。
春らしいイメージといえば、桜や草などです。 色では、白、紺、黒、橙などが春らしい色です。

夏らしさを表現したいときの配色


夏の前には梅雨の時期がありますが、その時期が終わると夏が本格化します。
急激に温度も上昇し、新緑が増えます。

太陽の季節ですし、見上げると青い空が広々としています。
夏らしい色には明るくて、はっきりした色がおすすめです。 緑、黄色、青、橙などが夏らしい色です。

秋らしさを表現したいときの配色


秋といえば紅葉の季節です。
紅葉や枯れ葉をイメージさせる色が増え、芋や栗などの黄色や茶色の色も使われます。

気温が下がりますので、温かみのあるオレンジ系やベージュ系の色も好まれます。
ベージュ、茶色、暗めの黄色、オレンジなどが秋らしい色です。

冬らしさを表現したいときの配色


冬は雪が降る季節です。
雪だけではなく、氷なども冬の代表的なイメージです。
空気が澄んでおり、なんとなく寂しさを感じさせます。

一年のうちでもクリスマスや年越し、正月などの行事があり、落ち着いた色が好まれます。 白、紺、黒、橙などが冬らしい色です。

三島市芙蓉台で外壁塗装・屋根塗装をお探しなら市川塗装
http://www.ichikawa-paint.com/

カレンダー

2018年9月
« 8月   10月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

カテゴリー