HOME > ブログ > 三島市佐野見晴台 > クリア塗装ならお気に入りの外壁サイディングの模様もそのままに!
市川塗装のブログ
update: 2018/08/15

三島市佐野見晴台 クリア塗装ならお気に入りの外壁サイディングの模様もそのままに!

Pocket

クリア塗装ならお気に入りの外壁サイディングの模様もそのままに!

意匠性に優れた外壁サイディングが多数登場しています。
外壁表面を保護するために通常は色のついた塗料で塗装をします。
しかし、外壁サイディングの模様をそのまま活かす「クリア塗装」なら新築同様の美しさがいつまでも維持できます。

クリア塗装と塗りつぶし塗装の違い

施工前 外観

外壁サイディングにも塗装を施します。
クリア塗装は、透明の塗料を塗りコーティングする塗装方法です。

塗りつぶし塗装は、単色や2色塗りなどが多く、透明ではなくお好みの塗料の色を使って塗装を行います。
塗りつぶし塗装を行うと、現在の外壁の色合いや風合いが全く異なるものになります。同じ色の塗料であっても同様です。
同じように塗料をベタ塗りしていきますが、透明の塗料を使用したクリア塗装なら、既存の意匠性の高いサイディングの模様を活かした塗装に仕上がります。

外壁塗装の塗り替えメンテナンスでは、8割が塗りつぶし塗装、残り2割がクリア塗装になっていることがわかっています。
ただし、クリア塗装は、新築から10年未満、表面の劣化や傷などの傷みが少ないことが塗装可能な条件となっています。
塗装面の仕上り具合は、艶感にもよりますが、艶ありクリアや3分艶ありクリアなどがあり、艶の質感もお好みで選ぶことができます。

クリア塗装の種類

クリア塗装にもグレードがあります。多くは3つのグレードの塗料を使っています。
一般的なシリコン系塗料、高性能のフッ素塗料や無機塗料です。
高性能の塗料ほど耐用年数が長くなり、単価も上がります。

外壁用のクリア塗料では、 日本ペイントのピュアライドUVプロテクトシリーズ、 エスケー化研のクリーンSDトップ、 水谷ペイントのパワーアシストクリヤー、 日本特殊塗料のシルビアUVカットクリヤーなどが有名です。

クリア塗装ができるかできないかまずは専門家にご相談を!

どんな外壁にもクリア塗装ができるわけではありません。
経年劣化の激しい傷んだ外壁にはクリア塗装ができないことがあります。

外壁設置後10年以内のサイディングなら、たいていの場合は塗装できますが、10年以上経過すると色の変色が見られたり、表面が剥がれたりしています。
クリア塗装をしても外壁表面が傷んでいるので、その傷んだ外壁の表面が目立ってしまうからです。

他にも、光触媒や無機の表面コーティングが施されている外壁もクリア塗装ができません。
ケースバイケースですので、ご自身で判断せずに必ず外壁塗装の専門家、専門業者にご相談ください。

三島市佐野見晴台で外壁塗装・屋根塗装をお探しなら市川塗装
http://www.ichikawa-paint.com/

カレンダー

2018年8月
« 7月   9月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

カテゴリー