HOME > ブログ > 沼津市岡一色 > ケレンは塗装前の重要な下地処理です
市川塗装のブログ
update: 2018/07/08

沼津市岡一色 ケレンは塗装前の重要な下地処理です

Pocket

ケレンは塗装前の重要な下地処理です

 鉄部 ケレン

塗装前の下地処理で行われるケレンは、とても重要な作業です。

一般的には、錆び落としの意味合いで使われていますが、住宅の外壁塗装や屋根塗装でも手を抜くことなくケレン作業が行われています。

ケレンの意味とその重要性

錆止め

ケレンはとても重要な作業です。簡単にいうと、鉄の部分の錆び処理と下地処理を行うものです。
鉄部をヤスリなどでしっかりと磨き、汚れや錆びを落とします。

表面に細かな傷をつけることで、塗料の塗膜が密着しやすくなる効果があります。 ケレン作業は必ず行われます。

特に鉄部はケレン次第で塗料の塗膜の耐久性が大きく変わってしまいます。
ケレンは、金属だけではなく、木部にも行われることがあります。ヤスリだけではなく、専用の電動工具を用いて作業を行うことがあります。

劣化具合によるケレンの種類とは?

ケレン 鉄部

ケレンは、正式に4種類に分けることができます。
劣化の程度により、作業の内容なども異なります。

1種ケレン
最も腐食が激しい箇所に実施されます。
ブラスト法により塗装面の剥離を行いますが、交換したほうが費用が安くなる場合があります。

2種ケレン
塗膜の劣化や腐食が進んだ錆びに実施されます。ワイヤーブラシ、ワイヤーカップ、ディスクサンダーといった電動工具も使用します。

3種ケレン
最もよく実施されるケレンです。部分的な錆びを落とします。主に手工具を使用します。

4種ケレン
錆びが少なく、表面の汚れやチョーキング現象が起きている場合に実施されます。手作業で汚れを取り除くケレンです。

塗装前の下地処理ケレンの作業では、多くは3種、4種のケレンが実施されています。

ケレンに使う便利な道具を紹介

ケレンは手作業でも行いますが、手工具と電動工具を使い分けています。
よく使われるのが、サンドペーパーです。紙やすりを使い、手作業で錆びを落とすことができます。

塗装を剥がすために使うのが、スクレーパーです。よく似た道具に「皮すき」があります。
塗装や錆び剥がしには、ワイヤーブラシです。コケやカビを落とすことができます。

金属製の四角いタワシは、マジックロンと呼ばれるケレンの道具です。
電動式のサンダーには、円盤状のサンドディスクやサンドペーパーを取り付けて錆びを落とすことができます。

ワイヤーカップは、電動ドライバーに取り付けることができるワイヤーブラシのことです。

通常の錆びでも、そう簡単には落ちません。塗装前に下地処理であるケレンを丁寧にやっていないと、残った錆びなどからまた広がってしまいます。

錆びの広がりにより腐食も早まりますので、錆びを除去した後の徹底した防錆対策が大切です。

沼津市岡一色で外壁塗装・屋根塗装をお探しなら市川塗装
http://www.ichikawa-paint.com/

カレンダー

2018年7月
« 6月   8月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

カテゴリー