HOME > ブログ > 沼津市大岡 > クラック補修は塗装前の重要な下地処理!
市川塗装のブログ
update: 2018/07/06

沼津市大岡 クラック補修は塗装前の重要な下地処理!

Pocket

クラック補修は塗装前の重要な下地処理!

クラック補修

塗装前に行う重要な下地処理でも、必ずといっていいほど行われるのが、クラック補修です。クラックとはひび割れのことです。

屋根や外壁の塗装でひび割れしたまま塗装を行えば、割れ目からの雨漏り発生確率が高くなります。そのため、クラック補修はとても重要な下地処理作業です。

下地処理でも重要なクラック(ひび割れ)補修

下地補修 クラック補修

屋根塗装や特に外壁塗装において、塗装前の下地処理がとても重要です。
下地処理で行われる主な作業は、高圧洗浄、ケレン清掃、ひび割れ補修、シーリングの打ち付け、樹脂モルタルなどの穴埋め作業です。

下地処理にも順番がありますし、古くなった外壁ほどひび割れ・クラックが発生しています。
小さなクラックを見逃したまま塗装すると塗膜がうまく塗れない場合があります。

クラック補修を行った後に塗る塗料は、ゴムのように伸びる性質を持つ弾性塗料がいいと言われています。

クラックの種類とその影響

外壁塗装 御殿場市

外壁を例にとると、クラックには、2つの種類があります。
表面に発生する小さな「ヘアークラック」とひび割れが大きく外壁の内部にまで達している「構造クラック」というものです。

ヘアークラックは、まるで髪の毛のようなひび割れです。0.2ミリ以下のクラックです。外壁表面をよく見ないとわかりませんが、経年劣化により必然的に発生するクラックです。塗料や外壁材が乾燥収縮するために発生します。

構造クラックは、0.3ミリ以上、深さも5ミリ以上あるものです。
ひび割れた部分から雨水が浸入して外壁の内部に悪い影響を与えます。
構造クラックは、外壁や塗装の問題ではないことが多く原因をはっきりさせたほうがいい場合があります。

例えば、大地震、強風、地盤沈下、基礎の劣化、補強不足などの深刻な原因により建物の躯体が傾いている恐れもあります。
構造クラックがひどい場合は、外壁の補修だけでは解決できない場合がありますので注意してください。

そのまま放置すると、モルタルやコンクリートの剥がれ、構造体の腐食が起こりますので、そうならないように早期にクラックの補修を行いましょう。

塗装前に行うクラックの補修方法

 クラックの補修方法は、原因別に行われます。
単純に穴を埋めるだけの修理ではないということです。

クラックの補修では、シール工法、Uカットシール材充填工法、低圧注入工法などが行われます。
小さなひび割れには、シール工法です。表面をシーリング材や微弾性フィラーと呼ばれる材料で埋めます。

大きなひび割れには、Uカットシール材充填工法です。外壁に溝を掘り、内部にシーリング材を充填し、外壁を元の状態に戻します。
これは、耐力壁といった構造上重要となる壁のひび割れを補修する工法です。エポキシ樹脂を注入し密着させて補修します。

沼津市大岡で外壁塗装・屋根塗装をお探しなら市川塗装
http://www.ichikawa-paint.com/

カレンダー

2018年7月
« 6月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

カテゴリー