HOME > ブログ > 足柄下郡箱根町 > 塗装前の下地処理でも重要な高圧洗浄のポイント
市川塗装のブログ
update: 2018/07/04

足柄下郡箱根町 塗装前の下地処理でも重要な高圧洗浄のポイント

Pocket

塗装前の下地処理でも重要な高圧洗浄のポイント

高圧洗浄

屋根塗装や外壁塗装を塗装業者に依頼するときに、見積書を確認します。
そこには下地処理でも大変重要な「高圧洗浄」に関しての項目が必ず記載されています。

塗装前には必ず行われる高圧洗浄についての必要性や注意点について解説します。

高圧洗浄の必要性を知ろう

高圧洗浄で使われる高圧洗浄機は業務用で、耐久性も出力も家庭用よりも高くなっています。
機械を使って、短時間でラクラク洗浄して手を抜いているわけではありません。

塗装前に塗装面をキレイにすることで、塗料のつきもよくなります。
古い塗料が残ったままですと、新しい塗料の耐久性が十分に発揮されず、短期間が塗料が剥がれてしまうことがあります。

高圧洗浄は、下地調整でも丁寧に行われる作業です。
カビや苔などもしっかり洗い落とす必要があり、高圧洗浄と併用してバイオ洗浄が行われる場合があります。

このように屋根や外壁の素材や状態によって、高圧洗浄やバイオ洗浄を使い分けなければならないということです。

洗浄後の後処理にも注意を払う

高圧洗浄

高圧洗浄機は、150~200kgf/cm2程度の高圧力で屋根や外壁の表面を洗浄していきます。高圧洗浄機から出る水を直接手で触ると吹き飛んでしまう恐れがありますので、取り扱いには要注意です。
水をかけてゴシゴシとブラシで洗うよりも、強力な圧力で表面に付着した埃や汚れを粉砕除去するようになっています。

作業後は、十分に表面を乾燥させることが重要です。十分に乾燥させることにことにより、塗装の剥がれや密着度を高め、長寿命の塗装面に仕上がります。
その他、脱脂作業を行う場合があります。

塗料用シンナーや中性洗剤を用いて、外壁の表面を磨き、塗料を弾いてしまう油分を除去する作業が加わります。

高圧洗浄作業時のポイント

高圧洗浄

屋根や外壁の塗装前の下地処理では、最初にケレン作業を行い、次に高圧洗浄、クラック補修などの下地補修が実施されます。
高圧洗浄は、下地処理の中ほどに行われる作業ですので大変重要です。

塗装面をキレイにしていくときには、上から下へと汚れを落としていきます。
半日以上の時間をかけて作業を行います。
さらに高圧洗浄後は、十分な乾燥時間が必要です。
最低でも24時間以上は必要で、気候条件によっては48時間の乾燥時間を取ることがあります。

雨の日でも高圧洗浄を行うことがありますが、飛散防止シートなどでしっかりとお住まいの周囲を養生することが必要です。

ご近所の方にも、トラブル防止のため、高圧洗浄作業時には洗濯物を外に干さないように事前に連絡しておきましょう。

足柄下郡箱根町で外壁塗装・屋根塗装をお探しなら市川塗装
http://www.ichikawa-paint.com/

カレンダー

2018年7月
« 6月   8月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

カテゴリー