HOME > ブログ > 駿東郡長泉町 > 工事中のペットの環境対策
市川塗装のブログ
update: 2018/06/24

駿東郡長泉町 工事中のペットの環境対策

Pocket

工事中のペットの環境対策

塗料 臭い

戸建住宅では、ペットを飼うご家庭も多く、犬や猫であっても、塗装時の塗料の臭いや工事の騒音などにより精神的にも身体的にも大きな影響を受けます。

人間よりも敏感な小さなペットだからこそ、事前にできる環境対策はとても重要です。

ペットがいることは事前に伝えておく

塗料の臭い

お住まいにいる犬や猫などのペットは当然ですが、戸建て住宅なら近隣でペットを飼っている方も多いので、塗装工事業者でもペットに配慮した塗装工事や塗料の選択を行うことが可能です。

ペットは、体が小さく、話ができないので、体調不良を伝えることが難しくなっています。

塗装箇所にペットを近づけない配慮はもちろんですが、塗料にも有害物質が含まれている場合があります。

人間にはそれほど影響がなくても、ペットなら死に至る場合もあります。

大人は問題なくても、小さなお子さんや年配の方、体調が悪い方も塗装工事では少なからず影響を受けてしまいますので何等かの配慮が必要でしょう。

工事業者との打ち合わせ時にもペットのことについて相談しておきましょう。

塗装工事期間中にできる環境対策

塗料の臭いは、油性塗料に使われるシンナーなどの有機溶剤が揮発するときの臭いです。
代わりに臭いの少ない水性塗料の使用が増えています。

シンナーの臭いは、酔った気分になったり、食欲不振になり、嘔吐をしたり、激しく吠えたり、動かなくなったりします。

塗装されて間もない箇所にペットを近づけないようにしましょう。
養生により、窓も密閉されてしまいます。エアコンも使えません。

自由に体温調節ができないペットは、室内よりも外に出たり、ペットホテルに預けたりするほうがいいでしょう。
工事の騒音や作業員の出入りにより、ペットが吠えたり、うろうろしたりする場合があります。

塗装工事現場にペットを近づけないようにし、日中は外出させたり、別の場所に移動させたりするといいでしょう。

ペットにも優しい自然塗料も検討してください

油性塗料は臭いがきついので、シンナーを使用しておらず臭いが少ない水性塗料をおすすめします。

他にも自然由来の塗料が販売されており、ペットのいる家の外壁塗装によく使われています。
自然塗料は、天然成分でできた植物性油を使用しています。

有害な化学物質を含んでいないので、肌に触れたりしても肌が荒れたり、被れたりしません。
身体への悪い影響が少なくなっています。

人間やペットにやさしい自然塗料は、耐候性や耐久性に劣る製品が多く、再塗装のタイミングも早まります。

しかし、家族同然の大切なペットを飼っているご家庭なら、塗料にも人体や環境に配慮した製品を使用するべきでしょう。

駿東郡長泉町で外壁塗装・屋根塗装をお探しなら市川塗装
http://www.ichikawa-paint.com/

カレンダー

2018年6月
« 5月   7月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

カテゴリー