HOME > ブログ > 御殿場市 > トクする外壁の塗り替えサインの知識
市川塗装のブログ
update: 2018/04/16

御殿場市 トクする外壁の塗り替えサインの知識

Pocket

トクする外壁の塗り替えサインの知識

外壁塗装 御殿場市
屋内にいることが多い方やお仕事がお忙しい方になると、なかなか屋外の屋根、外壁などに気を配る時間がないかもしれません。

知らないうちに屋根や外壁がボロボロに劣化し、雨漏りや木材の腐食、鉄部の錆びなどが発生していることがあります。

そうなる前に外壁の塗り替えサインを知り、それ以上悪くならないような対策を施しましょう。

塗膜の剥がれが見つかったとき

塗膜の剥がれ
はっきりと見てわかるのが塗膜の剥がれです。

これは、密着していた塗膜が経年劣化によって次第に剥離し、浮き上がってしまった状態です。

長期間紫外線を浴びていますので必ず劣化します。外壁塗装により新しい塗膜が外壁を保護してくれます。

金属部分の錆びの発生

錆びの発生も外部から見てすぐにわかります。

錆びは次第に広がっていきますので、いつの間にか内部が腐ってしまいます。

塗膜が褐色になっていたら、劣化が早まっていることがわかりますし汚く見えます。

目視ですぐにわかりますので、塗り替えのタイミングであることがすぐにわかります。

ヒビ割れの発生

外壁塗装 御殿場市
外壁のヒビ割れの発生も外壁の塗り替えサインです。

外壁に近づいてよく見ると小さなヘアークラックが見つかる場合があります。

細かなヒビ割れなら何も問題ありませんが、ヒビ割れが大きくなっていたり、突然大きなヒビ割れの発生を見かけたら、塗装前に補修が必要な場合もあります。

費用も高額になりますので、早めの対処が必要です。

チョーキング現象がみられる

外壁塗装 御殿場市
塗料の塗膜耐用年数がそろそろ過ぎようとしている時期です。

外壁表面を手で触って見ると、塗料が粉化していて白い粉がつくようなら塗料の塗膜が劣化しています。

塗料の機能も失われており、防水性の低下により雨漏りの原因となります。

まずは外壁を手でなでるように触ってください。

コケやカビの発生

外壁塗装 御殿場市
塗料が劣化すると防水機能も失われていきます。

雨水の多い時期や湿気の多い箇所では、カビやコケが発生しやすくなります。

知らない間に外壁の耐久性も悪化し、雨漏りの発生原因となります。

家の外からでも目視で発見できることがあります。

コケやカビの発生が見られたら、外観も悪くなりますのでそろそろ外壁塗装工事を依頼してください。

その他、外壁が以前よりも汚れていると感じたら、そろそろ外壁塗り替えのタイミングを迎えているサインかもしれません。

塗料の機能が発揮されていると、いつも外壁は美しく汚れも全くありません。

塗り替え工事のタイミングは、劣化する前に実施するもので早めの対処が必要となります。

塗料の耐用年数を知り、定期的な屋根や外壁の点検を実施してください。

御殿場市で外壁塗装・屋根塗装をお探しなら市川塗装
http://www.ichikawa-paint.com/

カレンダー

2018年4月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

カテゴリー