HOME > ブログ > 沼津市米山町 > ウレタン塗料とシリコン塗料の違い
市川塗装のブログ
update: 2018/02/18

沼津市米山町 ウレタン塗料とシリコン塗料の違い

Pocket

ウレタン塗料とシリコン塗料の違い

ウレタン塗料 シリコン塗料

外壁塗装をする際に「ウレタン塗料」と「シリコン塗料」どちらで塗装するか迷う人は多いと思います。

そのほかにも塗料はたくさんありますが、施工費用が高くなってしまうので、一番費用が抑えられるアクリル塗料での外壁塗装。

その次にウレタン、シリコンがあります。今回は悩まれるケースが多いウレタン塗料とシリコン塗料の違いについてご紹介したいと思います。

ウレタン塗料の特徴

ウレタン塗料
photo:http://blog.goo.ne.jp/nuriichi/e/048f739b27bdad481de098a80324436d

・付着性に優れている
・光沢があり高級な仕上がり感がある
・耐候性が高い
・シリコンに比べて費用が若干抑えられる

耐用年数:6年ほど ウレタン塗料は、シリコン塗料がひび割れを起こしやすいのに対して、柔軟性があり壁の動きに対応できる塗料なので、木材の部分などにも使用しやすくなっています。

アクリル塗料より耐久性に優れていて、コストも抑えられるので費用は抑えたいけど長持ちさせたいと言う方にオススメです。

シリコン塗料の特徴

シリコン塗料

・約600度にも耐えられる耐高熱性
・耐熱性、耐候性に優れている
・汚れがつきにくい
・色あせしづらい

耐用年数:10年~13年ほど 現在では外壁塗装のスタンダードはシリコン塗料になっているほど、耐候性が高く数年前よりも価格が下がっているので人気があります。

シリコン塗料で外壁塗装を行う際のポイント

ひとくくりにシリコン塗料と言っても、シリコン含有量が少ないものもあります。

シリコンが少し含まれているだけでシリコン塗料として販売しているものもあり、シリコンが塗料にどれだけ含まれているのかが明記されている塗料は少ないので注意が必要です。

なのでシリコン塗料を選ぶポイントとしては日本ペイント、関西ペイント、エスケー化研などの大手メーカーの塗料を選ぶことが一番安心です。

ウレタン塗料とシリコン塗料の費用の違い

30坪の場合のウレタン塗料価格相場 72万円
30坪の場合のシリコン塗料価格相場 87万円

ウレタン塗料での外壁塗装の方が費用は抑えられますが、長い目で見ると一概には言えません。

上記で説明したようにウレタン塗料の場合の耐用年数が6年でシリコン塗料の場合の耐用年数が10年〜13年だとした場合、長期スパンで見るとウレタン塗料の方が塗り替えの回数が多くなります。

耐用年数はあくまで目安なので、必ずその通りになる訳ではありませんが、長期的に見て迷っているのであれば少し値が張りますがシリコン塗料を選んだ方が、結果的に塗り替える回数も少なくなる可能性があります。

沼津市米山町で外壁塗装・屋根塗装をお探しなら市川塗装
http://www.ichikawa-paint.com/

カレンダー

2018年2月
« 1月   3月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  

カテゴリー