HOME > ブログ > 沼津市東原 > ガルバリウム鋼板の外壁のメリット・デメリット
市川塗装のブログ
update: 2018/02/12

沼津市東原 ガルバリウム鋼板の外壁のメリット・デメリット

Pocket

ガルバリウム鋼板の外壁のメリット・デメリット

ガルバリウム 外壁

シンプルながらおしゃれな雰囲気を出せるとしてガウバリウム外壁は人気があります。

ガルバリウム鋼板と言うとあまりピンとこない方も多いと思うのですが、金属製の外壁で耐熱性に優れ丈夫なのが特徴的です。

今回はそんなガルバリウム鋼板とは?と言うところとメリット、デメリットをご紹介したいと思います。

ガルバリウム鋼板とは?

ガルバリウムとはアメリカで開発された鋼板の名前で、鉄板にアルミニウム55%、亜鉛43.4%、シリコン1.6%を混ぜた素材になります。

アルミニウムの効果で薄い膜をつくりメッキを保護するので、高い防食性があります。

さらに耐久性や耐熱性が高く同じ金属素材であるステンレスと比べると大幅に費用を抑えられるので、家などの広い範囲に使用するのに向いていて、ガルバリウム鋼板を選ぶ人も多くなっています。

ガルバリウム鋼板の外壁【メリット】

ガルバリウム 外壁
Photo:http://www.kmew.co.jp/jirei/jirei_shosai.jsp?id=1056&pageNo=1

・耐久性、防食性、に優れている
・金属だけど錆びにくい
・外壁がおしゃれに仕上がる
・軽くて耐震性が高く、家の負担が少ない

ガルバリウム鋼板の最大のメリットはなんといっても耐久性、防食性、にあります。

そのためガルバリウム鋼板は金属性の外壁の中では耐用年数が長く20年~30年もつと言われています。

またデザインがよくガルバリウム鋼板自体のデザインバリエーションも豊富で、家自体がスタイリッシュでモダンな雰囲気に仕上がります。

そして本来金属は重たいものですが、ガルバリウム鋼板は薄くその厚みは2~3mmほどです。

なので金属ながらその軽さを実現し、軽いと言うことは家自体にも負担が少なくなり、外的衝撃(地震など)にも強い外壁素材と言えます。

ガルバリウム鋼板の外壁【デメリット】

ガルバリウム 外壁
photo:http://blog.livedoor.jp/kiyomiendo44/archives/1987581.html

・費用がかかる
・見た目がトタンみたいと言う意見もある
・錆びにくいが錆びることは当然ありえる
・接触腐食がおこる
・断熱性能は高くない

メリットだけみると耐久性、耐食性に優れていてガルバリウム鋼板はとても頑丈な外壁だと言えますが、メンテナンスは必ず必要になります。

自分でできるメンテナンスはとても簡単で、雨が降った後や泥が付いていれば水をかけて洗い流すと言う方法になります。

また錆びにくいですが、金属なので当然錆びることもあり、ものや石などがぶつかってしまうとそこから錆びが発生すると言うとてもデリケートな一面があったり、錆びている物が外壁に触れているとそこから伝染したように起こるもらい錆びなどもあります。

また錆びていなかったとしても他の金属と接触することで起きる錆びもあり、これを電食と言います。

電食は金属だけでなく、木材とでも起こり得るので家の一部が木材になっている場合なども注意が必要です。

沼津市東原で外壁塗装・屋根塗装をお探しなら市川塗装
http://www.ichikawa-paint.com/

カレンダー

2018年2月
« 1月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  

カテゴリー