HOME > ブログ > 沼津市花園町 > 外壁と屋根のメンテナンス時期について
市川塗装のブログ
update: 2018/02/06

沼津市花園町 外壁と屋根のメンテナンス時期について

Pocket

外壁と屋根のメンテナンス時期について

外壁 メンテナンス

外壁と屋根のメンテナンスが必要なのは知っているが、そのメンテナンス時期というのはいつなのかが明確に分からない方は多いと思います。

今回は外壁と屋根のメンテナンス時期について詳しくご説明したいと思います。

外壁塗装のメンテナンス時期

外壁 メンテナンス

外壁塗装のメンテナンスは一般的に10年に一回音が目安と言われています。

しかしこれは外壁塗装に使用されている塗料によって大きく異なり、塗料による耐用年数の違いは以下の通りです。

アクリル塗料     4~7年
ウレタン塗料   6~10年
シリコン塗料   8~15年
光触媒塗料  10~15年
フッ素塗料  15~20年
遮熱塗料     15~20年 

耐用年数は各塗料メーカーや使用環境によって異なりますが、あくまで目安として上記の年数は覚えておいてください。

外壁塗装のメンテナンスする時期を見極めるポイント

・塗料の艶がなくなっていないか
・外壁を触ってみてチョークの粉のようなものは手につかないか
・ ひび割れは起きていないか
・ 塗料が剥がれていないか
・ サビ、コケなどは生えていないか
・ 外壁の汚れはひどくなっていないか

以上のポイントは自分でチェックすることもできるので、 最低でも年に一回は行なっておくと外壁の変化に気づきやすくなります。

中でも目に見えるひび割れなどはかなり深刻な状態になっているケースもありますので、 早急に業者に相談した方が良いです。

屋根塗装のメンテナンス時期

屋根 メンテナンス

屋根のメンテナンスも外壁メンテナンスと同様、10年に一回が目安とされています。

しかし屋根も外壁と同様使用されている塗料によってメンテナンス時期耐用年数が変わってきます 。

ウレタン塗料      3~6年
シリコン塗料    6~10年
フッ素塗料   10~15年
遮熱塗料    10~15年

屋根のメンテナンスする時期を見極めるポイント

・ 色あせていないか
・コケ、サビなどは発生していないか
・ 屋根材が浮いていないか
・ひび割れていないか
・雨漏りはおこっていないか

屋根は紫外線や雨などを受けるので家の中でも劣化しやすい部分になります。

しかし屋根は外壁と比べじっくり見ることが難しい場所なので、年数で把握する。

天井にシミや浮きがでてきていないか確認する。など確認しやすい方法で確認しましょう。

最も分かりやすいのが外壁と一緒にメンテナンスをする方法です。

何も一般的に10年と言われているので外壁をメンテナンスするタイミングで一緒にお願いすると、足場を組む費用をまとめられてトータルの費用を抑えることができます。

沼津市花園町で外壁塗装・屋根塗装をお探しなら市川塗装
http://www.ichikawa-paint.com/

カレンダー

2018年2月
« 1月   3月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  

カテゴリー