HOME > ブログ > 沼津市下香貫 > 断熱塗料と遮熱塗料の違い
市川塗装のブログ
update: 2018/01/31

沼津市下香貫 断熱塗料と遮熱塗料の違い

Pocket

断熱塗料と遮熱塗料の違い

遮熱塗料 断熱塗料

断熱塗料と遮熱塗料はどちらも熱を防ぐ効果で同じだと思っていませんか?

今回は断熱塗料と遮熱塗料の違いについてご説明したいと思います。

断熱塗料の効果と耐用年数

断熱

断熱塗料の効果

断熱塗料の効果は熱を「遮断」する効果があります。

太陽光の熱を家の室内まで届かないように、抑えなおかつ冷房の冷たい空気を外に漏らさない効果があります。

逆に寒い時には室内の熱を外に逃がさないと言うものです。なので断熱塗料は夏場だけでなく冬場も効果があるのです。

断熱塗料の耐用年数

断熱塗料の耐用年数は15年から20年と言われています遮熱塗料よりも耐用年数は少し長いですがそのぶん費用が上がってしまいます。

断熱塗料は高性能な塗料なのですが導入するコストが高いのがデメリットです。

ですが費用がかかったとしてもより性能の高いもの、一年中快適に過ごしたい場合は断熱塗料がおすすめです。

遮熱塗料の効果と耐用年数

遮熱塗料

遮熱塗料の効果

遮熱塗料の効果は断熱塗料が熱を遮断するというのに対し、熱を「反射」するところにあります。

太陽の熱を 塗料の効果によって反射させ室内に熱が届かないようにします。

家の構造によっては熱を反射することによって室温がマイナス2度下がるという例もあります。

室温が下がれば冷房の温度を下げたりもしくは扇風機だけで過ごすなど、節電の効果もあるので人気が高まっています。

遮熱塗料の耐用年数

遮熱塗料の耐用年数は10年から15年と断熱塗料より少し短いです。

外壁は必ず乗り換えが必要ですがこの耐用年数というのが乗り換えの目安になります。

もちろんあくまで目安なので家の環境などによって異なりますが、断熱塗料とタイヤ年数だけを比べた場合部屋塗り替えのタイミングが早くなります。

しかし他の一般的な塗料は10年未満のものが多いので、遮熱塗料の耐用年数は比較的高いと言えます。

断熱塗料と遮熱塗料の違い

断熱塗料は熱を遮断する効果と室内の保つ効果があります。

なので夏場の太陽の熱を遮るだけではなく、冬場の暖房の温度なども逃さず一年中快適に過ごすことができます。

遮熱塗料は断熱塗料に比べ室内の温度を保つ効果が薄いため、夏場など外からの熱は反射し防げますが室内の温度を保つ効果に関しては断熱塗料の方が高いと言えます。

また耐用年数にも差があるので乗り換えのタイミングを考慮すると長い期間で見た場合断熱塗料の方が費用を抑えられる可能性があります。

ですがそのぶん初期費用に関しては断熱塗料よりも遮熱塗料の方が抑えられます。

沼津市下香貫で外壁塗装・屋根塗装をお探しなら市川塗装
http://www.ichikawa-paint.com/

カレンダー

2018年1月
« 12月   2月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

カテゴリー