HOME > ブログ > 沼津市 > 外壁コーキングの打ち替えについて 
市川塗装のブログ
update: 2017/12/30

沼津市 外壁コーキングの打ち替えについて 

Pocket

沼津市で外壁塗装をしている市川塗装です。
 

外壁コーキングの打ち替えについて

外壁コーキングとは、外壁に使用されているサイディングやALC板のつなぎ目に使用されている資材です。
外壁コーキングにも耐用年数があり、10年が打ち替えの目安です。
外壁コーキングの基本的な知識をお知らせします。
 

外壁コーキングの打ち替えの必要性とは?

外壁 コーキング

外壁コーキングは、シーリングとも呼ばれていますが、サイディングボードの隙間をゴム状の素材で埋めることで、雨水の侵入を防いでいます。
外壁コーキングは、よく見ていないと気付かずにそのまま放置してしまうことがあり、気づいたときには雨漏りの原因となっていることもありますので注意が必要です。

初めて外壁コーキングを見て、ボロボロの状態だったら、そろそろ張り替え、打ち替えが必要です。
塗装とは違った専門性も必要ですので、専門家による外壁コーキングの打ち替えが必要です。
※コーキングの場合は、張り替えとはいわずに打ち替えと呼びます。
 

外壁コーキングの打ち直しを行うには?

外壁 コーキング

シーリングの劣化は、3年もすれば始まっています。
10年が打ち替えの目安ですので、新築から一度も外壁コーキングの補修や打ち直しを行っておらず、すでに築10年以上経過しているなら、そろそろ打ち直しの時期です。

外壁コーキングの打ち直し工事は、打ち替えと打ち増し工事があります。
打ち増しは、文字通り既存のシーリングの上から新しいシーリングを使っていきます。
一方の打ち替えは、既存のシーリングを全て撤去し、新たに新しいシーリング材を充填していきます。
打ち増しのほうが費用が安くなります。
シーリングの性能や耐久性を考えるなら、打ち替えがおすすめです。
 

外壁コーキングの打ち替えとその費用

外壁 コーキング

コーキング材にもいろいろな種類があります。
用途で分類するなら、サイディング用、ALC用、内装用、配管用などです。
素材でいえば、アクリル、ウレタン、シリコンなどがあります。
外壁のコーキングでは、ウレタンや変形シリコンがよく使われており、塗装する場合は、塗料との密着性が高いウレタン系のコーキングがよく使用されます。

塗装の塗膜によりコーキングの寿命を延ばすことが可能です。
新築の場合は紫外線に強い変形シリコン、打ち替えでは紫外線には弱いが塗装を行うウレタンをコーキングに使います。
打ち替えにかかる費用は、約20万円ほどですが、必ず足場代がかかり15~20万円です。
合計では、25~50万円を見込んでおけばいいでしょう。

  
沼津市で外壁塗装・屋根塗装をお探しなら市川塗装
http://www.ichikawa-paint.com/

カレンダー

2017年12月
« 11月   1月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

カテゴリー