HOME > ブログ > 足柄下郡箱根町 > 外壁の防水塗装が必要な理由
市川塗装のブログ
update: 2017/12/28

足柄下郡箱根町 外壁の防水塗装が必要な理由

Pocket

箱根町で外壁塗装をしている市川塗装です。
 

外壁の防水塗装が必要な理由

外壁 防水
 
外壁には防水塗装が必要、と言われても、なかなか重い腰が上がらず、見た目はまだ大丈夫ということで何もしない方も多いようです。
しかし、外壁はメンテナンスを行うことが前提です。
建物を大切にし、寿命を延ばすなら、外壁の防水塗装を行いましょう。

  
外壁の防水塗装は必要でしょうか?

外壁塗装を行うことにより、建物全体の外観がきれいになり、汚れもなくなります。
紫外線が直接当たる部分ですので、色あせも起こりますし、長期間放置していると、明らかに劣化していきます。
だからこそ、建物を守るためには、外壁塗装が必要です。

また、塗装時に外壁のヒビ割れや剥がれが発生していることがあります。
塗装時に下地処理を行うので、外壁の細かな部分の補修も同時に行われます。
また、防水性の高い塗料を使うと、防水性能もアップし、新築同様の機能を維持することができます。

 
外壁塗装をしないとどうなる?

外壁 防水

外壁塗装や防水塗装をしないとどうなるのでしょうか?
外壁サイディングやモルタルでは、表面の劣化は下地の腐食につながります。
木材を使用している場合が多いので、腐食が進むと木材が傷み、倒壊する恐れもあります。

外壁塗装によるメンテナンス費用と補修工事費用を比べると、圧倒的に補修工事費用のほうが高く、工期も長くなっています。
今まで外壁塗装や防水塗装をしてこなかった場合は、そろそろ外壁塗装の耐久年数が過ぎる時期が来ている可能性もあります。
雨漏りの予防の観点からも、防水塗装は必要なメンテナンス作業だといえます。

  
外壁塗装だけでも防水性が回復します

外壁 防水

外壁からの雨漏りの発生確率が高い、ということがわかってきたら、防水性を重視した塗料による外壁塗装を施すことで、確実に建物の寿命を延ばすことができます。
雨漏りの原因となるひび割れがする外壁は、弾性塗料を使用します。
弾性塗料は、塗膜の厚さが通常の10倍です。
さらにゴムのように伸びる性質をもっています。
弾性塗料は、サイディング以外の外壁材によく使用されています。

外壁塗装は、10年?20年周期で行います。
戸建住宅なら、費用は、60?100万円程度かかります。
そこそこ費用もかかりますので、計画的な外壁塗装が必要になります。
しかし、外壁の下地の補修工事や雨漏り修理工事を行うよりも、トータルでみればはるかに低価格です。
住宅の維持に必要なコストとして、積立金などの予算に組み込んでおくことをおすすめします。

  
箱根町で外壁塗装・屋根塗装をお探しなら市川塗装
http://www.ichikawa-paint.com/

カレンダー

2017年12月
« 11月   1月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

カテゴリー