HOME > ブログ > 駿東郡長泉町 > ALCパネルの外壁塗装について
市川塗装のブログ
update: 2017/12/18

駿東郡長泉町 ALCパネルの外壁塗装について

Pocket

長泉町で外壁塗装をしている市川塗装です。
?

ALCパネルの外壁塗装について

ALCパネルは、軽量気泡コンクリートのことです。
内部構造に多くの気泡を持ち、外壁材として使用されています。
気泡があるために軽量で耐震性能にも優れています。
ALCパネルの外壁塗装や定期的な塗り替えメンテナンスが必要です。
 

ALCパネルの特徴を知ろう

ALC 塗装

ALCパネルは、軽量気泡コンクリートです。
新築ではよく採用されており、歴史も実績も十分あり、施工性も高いことから安心して利用できる外壁材です。

ALCパネルは、50年近くの耐久性を誇り、軽量であるだけではなく、断熱性も高く、夏も冬も快適に過ごせるというメリットがあります。
コンクリートであることから、耐火性、遮音性も併せ持ち、さらには気泡により湿度を調整する機能も持っています。

しかし、ALCパネルは、吸水性が高いことが逆にデメリットになっており、雨に弱く定期的な塗装メンテナンスが必要です。
対候性が弱点となり、防水塗装やつなぎ目のシーリング補修を行うことが前提です。
しっかりメンテナンスを行うことで、50年近くの耐久性能を維持することが可能となります。
 

ALCパネルの外壁塗装に使われる塗料の種類

ALC 塗装

ALCパネルの気泡・穴は、お住まいを快適にしてくれる構造ですが、水が侵入すれば、内部の鉄筋が錆びてしまいます。
そのため、防水機能を持つシーリング材を使用します。
特にパネルとパネルの間は、水が侵入しやすいため、固くなる前に10年を目安に打ち直しや増し打ちを行います。

下塗材には、フィラーやウレタン系のシーラーを使います。
微弾性フィラーを使用する場合は、塗膜や壁面にひび割れが入っているときです。
ひび割れをつなぎ、防水効果を高めます。

下塗材の後は、上塗材を使用します。
アクリル、ウレタン、シリコン、フッ素などの各種塗料を塗布していきます。
2回塗りを行うのが通常です。
水性シリコン、水性ハルスなどの塗料がよく使われます。
いずれも防水性の高い塗料です。
 

ALCパネルの塗り替えのタイミングのサインを見逃すな

ALC 塗装

ALCパネルが劣化しはじめたら、塗り替えや補修を行う必要があります。
大きな地震により破損することもありますし、通常でも経年劣化によりひび割れが生じることがあります。

磁器タイルの浮きや剥落は、ドライアウトと呼ばれる現象により、タイルと外壁面の付着力が低下したことが原因です。
その他、塗膜の剥離、塗膜の劣化、シーリング材の劣化など、外壁を保護することができなくなったら、ALCパネル外壁の塗り替えのタイミングとなります。

 
長泉町で外壁塗装・屋根塗装をお探しなら市川塗装へ
http://www.ichikawa-paint.com/

カレンダー

2017年12月
« 11月   1月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

カテゴリー