HOME > ブログ > ミサワホームの外壁塗装, 御殿場市印野 > ミサワホームの外壁塗装について
市川塗装のブログ
update: 2017/11/22

ミサワホームの外壁塗装, 御殿場市印野 ミサワホームの外壁塗装について

Pocket

御殿場市印野で外壁塗装をしている市川塗装です。

ミサワホームの外壁塗装について

ミサワホーム 外壁塗装

出典:http://blog-imgs-37.fc2.com/s/u/b/subjunctive/mscourt1o1.jpg

ミサワホームにお住いの方からいただく、よくある質問とその回答についてご紹介します。

ご質問

 ミサワホームの外壁塗装について教えてください。外壁は、ミサワ独自の気泡を含んだニューセラミックという軽石のような外壁です。ミサワの営業の方は、「独自の塗料で塗装を行わないと気泡の影響で剥がれてくる可能性がある」と言っていました。見積もり金額が高額なため、できれば直接、信頼できる塗装店にお願いしたいのですが、特殊な外壁のため、やはりハウスメーカーでないと難しいでしょうか?

 

回答

 ミサワホームの公式HPに下記記述が記載されています。ニューセラミックス外壁とは、PALCのことです。PALC とは「“Precastable”、“Autoclaved”、“Lightweight”、“Ceramic”の頭文字。多孔質軽量のセラミックで、ミサワホームが多機能素材として独自に開発した。」とあります。頭のPがなければ、ALCです。ALCは特殊な壁ではなく、塗装屋さんが普通に外壁塗装をおこなっています。

ミサワホーム 外壁塗装

 

それでは、ALCとPALCでは、何が違うのでしょうか?

通常のALCの製造工程は、

原材料調合 ?鉄筋加工・組込み ?注入・発泡 切断(半硬化の状態で所定のサイズに切断します。)

PALCの製造工程は、

原材料調合 ?製品サイズの型枠に注入・発泡 脱型

要するにALCでは、発砲後所定のサイズに切断して製品にするのに対して、PALCでは、事前に製品サイズの型枠で発泡するため切断しなくて済む。P=プレキャストの有無の差です。

※プレキャストとは、あらかじめ工場で製作された製品で、現場で製作されたものより高品質で部材も小さくなる場合が多い。
ニューセラミックの外壁とは?

ニューセラミックの外壁は、珪石と石灰岩から作られています。紫外線によって分解されない(劣化しない)鉱物を粉末状にして外壁に混ぜ、物性を上げています。ニューセラミックの外壁表面は、表情が豊かなのに対して、ALCパネルは、工場出荷時には真っ白で、現場で塗装をおこなうため、どうしても単調な仕上がりになってしまいます。

 

ニューセラミックの外壁塗装の注意点

ミサワホーム 外壁塗装

出典:http://www.nishiyama-jyusetsu.com/blog/

凹凸の大きい外壁なので、塗り残しが発生しやすくなります。その塗り残した部分から吸水すると塗膜の膨れや剥がれが発生してしまいます。また外壁のセラミックが風化するとポロポロと骨材が落ちてくるような劣化現象になります。その上から塗装を行うと塗膜剥離の原因にもなりますので、現在の状態の見極めと、適切な塗料の選定が重要になります。経験豊富な塗装屋さんなら安心して依頼できるはずです。

 

御殿場市印野で外壁塗装・屋根塗装をお探しなら市川塗装へ
http://www.ichikawa-paint.com/

 

カレンダー

2017年11月
« 10月   12月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

カテゴリー