HOME > ブログ > 駿東郡清水町 > 屋根塗料の種類と価格相場
市川塗装のブログ
update: 2017/10/12

駿東郡清水町 屋根塗料の種類と価格相場

Pocket

駿東郡清水町で外壁塗装をしている市川塗装です。
 
屋根塗料の種類と価格相場
 

屋根塗装 清水町

屋根塗装に使用される塗料にはさまざま種類があります。
大きく分類するとシリコン塗料、フッ素塗料、無機塗料の3種類です。これらの塗料に遮熱機能や断熱機能を付加させた塗料もあります。例えば、シリコン遮熱塗料、フッ素遮熱塗料など

 
屋根塗料の種類別の耐久性
 

 シリコン塗料は外壁に塗装すれば、10年程度長持ちしますが、日照時間の長い(塗料を劣化させる紫外線の量が多い)屋根面においては、5年程度がシリコン塗料の耐久性となります。遮熱シリコン塗料なども同様に5年程度です。フッ素塗料の耐久性は、10年が限界です。それより前に塗り替え時期が来てしまうことが多いです。外壁塗装と一緒に工事を行う場合には、屋根の塗料はフッ素塗料以上をお勧めします。屋根、外壁、付帯部など次回の塗り替え時期が同時期になるよう塗料のグレードを調整してください。

無機塗料は、現在ある塗料の中で最高グレードの塗料です。フッ素塗料の1.5倍程度の耐久性を確認しています。耐久性は、約15年です。

 
遮熱塗料・断熱塗料の効果は?
 
遮熱塗料 清水町
 

 太陽熱を反射させる遮熱塗料や塗膜が熱移動を遮断する断熱塗料も人気のある塗料です。「遮熱塗料や断熱塗料は効果がありますか?」よくお客様から頂く質問です。

回答

結論から述べると、一般住宅の屋根に塗装した場合、2階室内の温度は遮熱塗料を塗らない場合と比べて1℃程度下がるといったところです。ほとんど涼しさを体感できないレベルです。「なんとなく涼しくなった気がする」という感想が多いです。一方工場やコンテナハウスなど屋根裏のない構造でかつ窓が少ない建物では、3℃程度下がるケースもあるようです。

室内温度の変化は建物構造や窓の大きさなどによる影響が大きいため、そう単純にはいきません。それでも3℃下がれば、十分体感できるレベルですし、大きな建物の場合、エアコン費用の削減など、かなりの省エネ効果が期待できます。

 
屋根塗料別の価格相場
 
屋根塗装 価格
 

1㎡あたりの価格相場

シリコン塗料 1,800~2,300円/㎡
シリコン遮熱 2,000~2,500円/㎡
フッ素塗料  2,500~3,000円/㎡
フッ素遮熱  2,700~3,200円/㎡
無機塗料   3,000~3,500円/㎡
断熱塗料   3,000~3,500円/㎡

上記単価とは別に、高圧洗浄200円、タスペーサー300円や足場費用がかかる場合があります。
35坪2階建て総2階建て平均的な屋根塗装の価格相場 ※屋根面積85㎡として計算

シリコン塗料 約20万円
シリコン遮熱 約23万円
フッ素塗料  約27万円
フッ素遮熱  約30万円
無機塗料   約32万円
断熱塗料   約32万円

上記費用と比較して極端に見積り金額が高いようなら、他の業者からも見積もり依頼をしてみましょう。

 
駿東郡清水町で外壁塗装・屋根塗装をお探しなら市川塗装へ
http://www.ichikawa-paint.com/

カレンダー

2017年10月
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

カテゴリー