HOME > ブログ > 御殿場市板妻 > 外壁から白い粉が!チョーキング現象とは?
市川塗装のブログ
update: 2017/09/21

御殿場市板妻 外壁から白い粉が!チョーキング現象とは?

Pocket

御殿場市板妻で外壁塗装をしている市川塗装です。

チョーキング現象は外壁メンテンナンスの時

 外壁に触ったら手に白いチョークのような粉が付いたことはないでしょうか?この外壁を触ったときに白い粉が付いてしまう現象をチョーキング現象といいます。

 外壁塗装のメンテナンス時期は一般の方にはわかりにくいですが、ご自宅の壁を触って手に白い粉のようなものが付いたら外壁塗装のメンテナンス時期が来ていると思っていいでしょう。ご自宅はチョーキング現象があるかどうか、外壁を軽く触ってみましょう。特に劣化しやすい南面の外壁を触るとわかりやすいと思います。劣化していない外壁であれば、外壁を触っても手に埃が付く程度ですが、チョーキング現象のある外壁は、触るとしっかりと白いチョークのような粉が付きます。

 チョーキング現象は表面塗膜の防水性のない状態で発生しますので、外壁にひびが入ったりカビが生えたりと、いろいろと不具合が発生することもあります。そうなってから外壁塗装をすると、単に塗るだけではすまなくなり、工事費用も期間も延びてしまうかもしれません。また、大きな工事が必要になることもあります。そうならないためにも、定期的に外壁の状態を確認し、チョーキング現象を確認したら早めに業者に調査を依頼してみましょう。

 

チョーキング現象の原因は紫外線による劣化

 チョーキング現象の原因は、紫外線による塗膜の劣化です。外壁や屋根は、常に太陽からの紫外線にさらされており、必ずチョーキング現象が発生する状態になります。チョーキング現象が発生したら、自然と改善されることはなく、経年劣化とともに悪化していくだけです。お住まいのメンテナンスは10年に1回おこなうのが一般的ですが、自分自身でも1年に1回は触ったり目視で確認するなど定期点検してみてください。 太陽光のよく当たる南面や西面で確認してみるのが効果的な方法です。

 

チョーキング現象を発見したらすべきこと

 チョーキング現象を確認したら、信頼できる外壁塗装業者に診断してもらい、外壁塗装を依頼することが好ましいです。チョーキング現象は放置しておくと、ひび割れや反りなど外壁材自体が変形してしまうこともあります。ひび割れができてしまうと、そこから雨水が浸入しカビが発生したりして、外壁塗装前の下地処理の段階で思わぬ出費にもつながります。チョーキングが起こっているからと言って即工事が必要なわけではありませんが、劣化は確実に進行しています。何より見た目が損なわれていきますので、なるべく早めに外壁塗装をおこないましょう。

 

御殿場市板妻で外壁塗装・屋根塗装をお探しなら市川塗装へ
http://www.ichikawa-paint.com/

カレンダー

2017年9月
« 8月   10月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

カテゴリー