HOME > ブログ > 三島市錦が丘 > 寒色系と暖色系の心理的影響
市川塗装のブログ
update: 2017/08/15

三島市錦が丘 寒色系と暖色系の心理的影響

Pocket

三島市錦が丘で外壁塗装をしている市川塗装です。

寒色系と暖色系の心理的影響

外壁塗装で色の心理的効果を狙う!

色の心理的な効果はすでに知られていることです。色の心理効果をうまく活用すれば、デザインや外観にも良い影響を与えます。

色の効果は、外壁塗装にも応用されており、家の大きさ、町並みとの調和、お住まいになる方の好みにより、組み合わせて配色を行います。

色の効果のうち、よく対比されるのが、寒色系と暖色系の色です。

寒色系は、冷たさを感じる色のことです。青、緑、青緑、青紫などが当てはまります。落ち着いた印象を与える色です。

一方の暖色系は、赤や橙、黄色が挙げられます。暖色系の色は、暖かく、ポジティブな印象を与えます。

寒色系は、海や氷をイメージさせ、暖色系は、太陽や炎をイメージさせてくれます。

 

色を組み合わせて印象度アップ

色には、他にも強弱、重い軽い、といった印象を与えるものがあります。暖色系や寒色系の色とうまく組み合わせることで、ご自宅の外観のイメージや印象を良いものにすることができます。

季節を表す色や元気で情熱的なイメージ、若々しいイメージ、新鮮なイメージ、健康で幸せいっぱいのイメージ、リラックス効果など、外壁塗装の色の組み合わせにより、さまざまなイメージを演出することができます。風水効果を狙った色使いも増えており、寒色系や暖色系にプラスして風水の意味を込めた色を使うことで、新たな家造りのポイントが生まれています。

 

三島市錦が丘で外壁塗装・屋根塗装をお探しなら市川塗装へ
http://www.ichikawa-paint.com/

カレンダー

2017年8月
« 7月   9月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

カテゴリー