HOME > ブログ > 沼津市西沢田 > 塗装前の下地処理、クラック補修
市川塗装のブログ
update: 2017/07/18

沼津市西沢田 塗装前の下地処理、クラック補修

Pocket

沼津市西沢田で外壁塗装をしている市川塗装です。

塗装前の下地処理、クラック補修

 

大切な塗装の下地処理、クラックの補修も怠りなく!

塗装前の下地処理では、高圧洗浄や養生、さらにクラック補修も重要です。クラックとは、外壁のヒビ割れや損傷した部分です。塗装時にこうしたヒビ割れが残っていると、塗膜が劣化したり、雨漏りの原因にもなります。モルタルやコンクリートの外壁材であれば、時間と共にクラックが発生することが避けられません。そのため、塗装前にしっかりとクラック補修を行います。

クラック補修の方法

クラックは、その深さによって分類され、修繕方法も異なります。
ヘアークラックは、0.2~0.3mm以下の細いクラックです。髪の毛のようにみえるクラックです。経年劣化により発生しやすいいクラックです。ヘアークラックの場合は、弾性フィラーなどの弾力がある下塗材をクラックの中に刷り込みます。下地補修の際に何か処理を施すことはありません。

0.3mm以上の大きなクラックは、構造クラックと呼ばれます。構造クラックはそのままにしていると、建物の強度が下がります。

構造クラックの場合は、シーリングを奥まで充填させるためにV字カットを行い、プライマーで下塗りした後、シーリング材を充填します。その後モルタルで補修します。大きなクラックは、塗装だけではなく、建物の強度にも影響しますので要注意です。

 

沼津市西沢田で外壁塗装・屋根塗装をお探しなら市川塗装へ
http://www.ichikawa-paint.com/

カレンダー

2017年7月
« 6月   8月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

カテゴリー