HOME > ブログ > 沼津市岡一色 > 外壁塗装工事の手順 塗装編 
市川塗装のブログ
update: 2017/02/02

沼津市岡一色 外壁塗装工事の手順 塗装編 

Pocket

沼津市岡一色で外壁塗装をしている市川塗装です。

前回は、塗料の付着をしっかり促すための工程である下地補修とコーキング補修についてご説明させていただきました。また、それと同時に、マスキングの重要性についてもお話しいたしました。今回は、いよいよ塗装作業の行程についてご説明させていただきます。

塗装作業は大まかに3つのステップに分けられます。下塗りと中塗り、そして上塗りです。

まず、下塗りは新しく塗る塗料と外壁の付着性を向上させ、塗料を外壁に浸透させるために行います。このときに使う下塗りの塗料がその後の作業の良し悪しを決めてしまうので、注意が必要です。

次に中塗りです。これは、塗装の厚みを増やし、上塗りがスムーズに進むようにするために行います。このステップを一回目の上塗りと捉えている業者もいるようです。

そして、最後に上塗りを行っていきます。これはトップコートとも呼ばれており、塗装の仕上げの段階です。使う塗料は中塗りと同じもので、塗り残しがないようにしっかり塗装を行っていく必要があります。

この塗装のあとに、確認や清掃作業が終わったら、無事全体の作業も終了です。

いかがでしたでしょうか?

外壁塗装工事の作業工程をしっかり理解して、塗装業者に問い合わせるようにしましょう。
沼津市岡一色で外壁塗装・屋根塗装をお探しなら市川塗装へ
http://www.ichikawa-paint.com/

カレンダー

2017年2月
« 1月   3月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728  

カテゴリー